INDEX
  • HOME
  • 業務内容
  • アンチエイジング
  • オンラインショップ
  • 旬の食材で体の中からキレイへのリンク
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 特定商取引法に関する記載
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
飯塚律子 プロフィール 正しい食生活とおいしい食事を皆さまに…美・健康と自然食に関する日本の先駆者です飯塚律子 プロフィール

・健康管理学博士
・フードコンサルタント
・「飯塚律子ヘルスフーズ研究所」
 主宰

原稿執筆やテレビ出演、食品の開発、講演、リーフレット作成などを通じ、食と健康に関するアドバイスとプロデュースを行なっています

飯塚律子の健康コラム

抗生物質が効かない『多剤耐性菌』に感染しない体力づくりを!(2010.09.25)

『がんはやがて撲滅できるが、これからの医学の戦いは“細菌との戦い”』と30数年前にある医学生から聞きました。
今、大学病院で多剤耐性アシネトバクター、NDM-1多剤耐性大腸菌、多剤耐性緑膿菌の感染者が相次ぎ、死亡者も出ている院内感染が大きな問題になっています。
昔はペスト、チフス、赤痢、結核などの感染症が恐怖でしたが、医学の飛躍的な進歩によって、それらを治療する抗生物質が生まれました。ところが、近年この抗生物質に対抗する、さらに強い菌、耐性菌が生まれ、ほとんどの抗生物質が効かない『多剤耐性菌』が問題になってきたのです。
多剤耐性アシネトバクターや緑膿菌は健康な人には無害な細菌で、これらは広く自然界に存在していて、普通は健康な人には感染は広がりません。免疫力が低下していると、尿路感染や肺炎、肺血症などを起こしたり、多臓器不全などで死亡することがあります。
緑膿菌は土や水中に一般的にいる細菌で、健康な人にはほとんど感染しない細菌です。ところが、免疫力が低下していると感染し、重症化するので、どちらの細菌も院内感染が問題になっています。
NDM-1多剤耐性大腸菌はインドやパキスタンなどで多く見つかっており、欧米にも広がり、ベルギーで初の死者が報告されました。日本でも初めて某病院で感染者が確認されました。
この菌は健康な人にも感染すると言われているので、スーパー耐性菌が広がっていくことは恐ろしいことです。

予防策

  • ■ これらの菌は空気感染することはなく、大部分の細菌は手などを介して接触感染するので、帰宅時や食事前は手洗いすることが、基本的な予防のひとつです。
    また、疲労など、体力が低下しているときや、重い病気などで、免疫力が低下しているときに、これらの細菌に感染すると、複数の抗生物質が効かないので大変怖い感染症です。
    そこで予防の第一は、日頃から健康管理をきちんとして、疲れをためない生活を心がけることです。
  • ■ 免疫力を上げるには、1日の生活リズムを整えること。まず、三食きちんと食べ、適度な運動や睡眠など1日の 体のリズムを狂わせないようにしましょう。
  • ■ 食事は栄養をバランスよく摂ることが大事です。
    朝食に旬の果物を必ず添え、牛乳やヨーグルトなどの乳製品なども摂るようにしましょう。
    パン食の場合、バターやマーガリン、ジャムの代わりに絹こしごま をトーストに塗るなどもお勧めです。
    ごまにはたんぱく質やビタミンB群、E,カルシウム、セサミンなど、坑酸化作用の高い成分に富んでいます。
  • 黒の力

    スーパー耐性菌に負けない
    黒のちから

    水や牛乳にサラッと溶けて、飲みやすい。
    果物とヨーグルトに振りかけて・・・

    絹ごしごま

    トーストに絹こしごまを塗って
    免疫力アップの朝食に

    はちみつをプラスすると、さらにおいしいトーストに。

  • 生野菜は朝食か昼食に摂るのがよく、野菜に多く含むカリウムは、体を冷やすので、夕食は加熱した野菜をお勧めします。
    煮込んだもの、お浸し、炒め物・・・など免疫力を高めるには野菜をバランスよく、1日400gを目安に摂ることが望ましいです。
    ・根のもの(れんこん、大根、ごぼう,にんじん・・・など)
    ・葉のもの(小松菜、ほうれん草、きゃべつ・・・など)
    ・実のもの(なす、ピーマン、トマト・・・など)
    ・また、いも類(じゃがいも、さといも、ながいも・・・など)
    多種類を摂るようにしましょう。
  • 緑黄色野菜としいたけ。緑黄色野菜としいたけと鶏肉を入れた炒め物。
    緑黄色野菜としいたけ。そこに鶏肉を入れた炒め物。
    みそに絹ごし胡麻をプラスして香ばしい味付けに。
    秋はきのこが豊富に出回ります。まつたけ、しめじ、 えのき、まいたけ、しいたけなどもお勧めです。
    まいたけ
  • たんぱく質も免疫力アップには重要な成分です。
    ・旬の魚介類や肉、卵、大豆、納豆、豆腐、ゆば・・・など
    動物性、植物性を組み合わせてバランスよく摂りましょう。
  • 梅干し■ また、1日1〜2品は酢の物を摂ってください。
    梅干しの常食もお勧めします。
  • ■ 食物は鮮度の良し悪しが大変重要なので、新鮮な食材を、食材の持つ,“旨み”を残す調理法で召しあがることが大事です。そのコツは調味料少なめで薄味に
  • ■ よく噛むことも大事です。噛むことによって、唾液の分泌が旺盛になります。唾液には殺菌力もあるので、食事は良く噛み、ゆっくり楽しく召しあがることで、全身の免疫力を高めます。
▲ページのトップへ