INDEX
  • HOME
  • 業務内容
  • アンチエイジング
  • オンラインショップ
  • 旬の食材で体の中からキレイへのリンク
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 特定商取引法に関する記載
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
飯塚律子 プロフィール 正しい食生活とおいしい食事を皆さまに…美・健康と自然食に関する日本の先駆者です飯塚律子 プロフィール

・健康管理学博士
・フードコンサルタント
・「飯塚律子ヘルスフーズ研究所」
 主宰

原稿執筆やテレビ出演、食品の開発、講演、リーフレット作成などを通じ、食と健康に関するアドバイスとプロデュースを行なっています

飯塚律子の健康コラム

夏バテ予防のポイントは紫外線の害から守る食事と
汗によって失われる水溶性ビタミンを充分に補給(2011.07.27)

紫外線を多く浴びて化学食品添加物を多く摂っていると、体内に老化や発がん促進物質の原因になる活性酸素を増やします。酸化した脂肪(古くなったマヨネーズや植物油、スナック菓子)など過酸化脂質の多い食品を摂っていると紫外線との相乗の害になり、しみ、がん、動脈硬化、心臓病、肝・腎臓病などを招きます。

ゴーヤ水溶性ビタミンは汗や尿などで排泄されるので、暑い時期は汗をかき、水分を多くとるため、不足から疲労を高め、夏バテを招きます。水溶性ビタミンはC,、B1、B2、ナイアシン、B6、B12、葉酸、パントテン酸、ビオチンです。

Cの多いものはピーマン、ししとうがらし、ゴーヤ、あしたば、あさつき、さやえんどう、おかひじき、クレソン、しそ、とうがん、ミニトマト、パセリ、トマピー、キウイ、パイナップル、パパイヤ、マンゴー、レモン、メロンに豊富。

B群は、にらやにんにく、長ねぎ、玉ねぎなどを多く摂ることで、B1やB2の吸収を高めます。例えば、にらやねぎ、ピーマンなどと豚肉の細切り、あるいは牛肉、鶏肉、豆腐などを生姜や赤とうがらしでピリッとした味の炒めものにしてレモン汁をかけた一品は夏バテ予防におすすめ。また、きのこ類もB群が豊富。

魚

魚介の旬はあじ、あなご、あゆ、あわび、いか、いさき、いしだい、いぼだい、えい、うなぎ、おこぜ、かじき、かます、かつお、かわはぎ、かんぱち、きす、ぐち、ます、さざえ、しじみ、舌びらめ、すずき、たい、たかべ、たちうお、とこぶし、どじょう、とびうお、はも、ほや、めごちなど。

しじみにあさつきをたっぷり入れたみそ汁もB群が豊富で、強肝作用があります。

▲ページのトップへ