INDEX
  • HOME
  • 業務内容
  • アンチエイジング
  • オンラインショップ
  • 旬の食材で体の中からキレイへのリンク
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 特定商取引法に関する記載
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
飯塚律子 プロフィール 正しい食生活とおいしい食事を皆さまに…美・健康と自然食に関する日本の先駆者です飯塚律子 プロフィール

・健康管理学博士
・フードコンサルタント
・「飯塚律子ヘルスフーズ研究所」
 主宰

原稿執筆やテレビ出演、食品の開発、講演、リーフレット作成などを通じ、食と健康に関するアドバイスとプロデュースを行なっています

旬の食材で体の中からキレイ
そら豆の茶きん絞り 材料(2人分)
材料(2人分)
そら豆 150g
牛乳 大さじ1
はちみつ 小さじ1強
卵黄 少々
無塩バター 小さじ1/2
調味料
粗塩 少々
水塩 少々
作り方
(1)
作り方沸騰した湯に粗塩ひとつまみを入れ、そら豆を入れる。沸騰したら中火にして皮の上から竹ぐしがすうっと通るまで茹でる。
(2)
作り方ザルに上げ流水をサッとかけ水を切る。
(3)
作り方薄皮をむき、うらごし器でこす。
(4)
作り方うらごしを終えたそら豆。
(5)
作り方ホーローの鍋を火にかけ、中火にしてバターを熱し、4と牛乳、はちみつを入れ木しゃもじで練り、弱火にして水塩を全体に3〜4回プッシュして、焦がさないように練り合わせたら、火を止める。(かくし味に塩をほんのり加えることで、豆の甘さとはちみつの甘さが上品な味をかもしだす)。
(6)
作り方5を4等分にしてボール型にまとめる。さらしのふきんを水でぬらし、固く絞って中央にのせ、ふきんの端を寄せ、ねじるように絞る【写真左】。
ふきんでなくラップでもよい。
(7)
作り方固ゆでした卵の黄身を裏ごして【写真左】、6の上に飾る。
一人分の栄養成分:エネルギー 186kcal・ビタミンB1 0.24mg・ビタミンB2 0.15mg・パントテン酸 0.73mg
ヘルス&ビューティーメモ

ほっとやすらぎをくれる緑色のそら豆。旬の時期にはたっぷり召し上がってほしい食材のひとつです。
豆ですからたんぱく質に富み、高血圧の予防に大切なカリウムや、貧血を防ぐ鉄、皮膚の健康や味覚障害を防ぐ亜鉛が豊富。
体のだるさを防ぐビタミンB1や皮膚に大切なB2、パントテン酸にも富んでいます。
さやから出ているものより、さやつきの方が、甘みや香り、柔らかさなどに勝ります。

●そら豆とえびの三色ソテーは彩りの良い一品です。そら豆の栄養に加え、えびのたんぱく質やビタミンEが強化され、セロリーの食物繊維などの相乗作用で、便秘を防ぎ、潤いのある美肌の保持にもおすすめします。これに、エリンギやマッシュルームなどのきのこ類を加えても美味しく、栄養価もアップ。

●茶きん絞りは上品な味で、疲れを取り、体にやさしく心を癒すおやつです。裏ごすことで、とてもなめらかな食感になります。どこにもない、あなたの一品に。



▲ページのトップへ