INDEX
  • HOME
  • 業務内容
  • アンチエイジング
  • オンラインショップ
  • 旬の食材で体の中からキレイへのリンク
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 特定商取引法に関する記載
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
飯塚律子 プロフィール 正しい食生活とおいしい食事を皆さまに…美・健康と自然食に関する日本の先駆者です飯塚律子 プロフィール

・健康管理学博士
・フードコンサルタント
・「飯塚律子ヘルスフーズ研究所」
 主宰

原稿執筆やテレビ出演、食品の開発、講演、リーフレット作成などを通じ、食と健康に関するアドバイスとプロデュースを行なっています

旬の食材で体の中からキレイ
あじのカレー焼き・カレーあんかけ 一人分の栄養成分:エネルギー 232kcal・たんぱく質20.9g・ビタミンB1 0.73mg・ビタミンC 68mg 材料(2人分)
材料(2人分)
ゴーヤ大1/2本(200g)木綿豆腐1/2丁
赤ピーマン中1個卵1個
豚もも肉120g生姜1かけ
赤唐辛子1/2本
調味料
天塩京風だしの素
べに花油酒少々
作り方
(1)
豆腐は裏ごし器の上にのせ重石をして水気をきる。
(2)
ゴーヤは塩を振り板ずりをして両端を落とし、縦半分に切り、スプーンで種を取る。3ミリ厚さに切る。、塩を振り、しんなりしたら水気を絞る。
(3)
豚薄切り肉を4cm幅に切り、塩胡椒、酒を振りかけておく。
(4)
ピーマンはヘタをを落とし2cm四方に切る。
(5)
ディープフライパンを火にかけ、油小さじ2杯を熱し、生姜、\赤唐辛子のみじん切りを炒め、3を加え炒めて皿に取る。
(6)
5のフライパンに油を足し熱し、2を炒め溶きほぐした卵を流し入れ5と4、1を加え炒め、塩、京風だしの素、酒で味を整え全体を大きく炒め火をとめる。


ヘルス&ビューティーメモ

ビタミンCの1日の所要量は50mgですが、夏は汗や尿からの排泄が多く、又強い紫外線から守るためにも3〜4倍は摂りましょう。ゴーヤ中1本でC約70mg含有。熱に弱いビタミンですが、油炒めでは破壊されません。Cの他カリウム、マンガン、カロテン、葉酸、パントテン酸、食物繊維も豊富。ゴーヤの食物繊維は不溶性食物繊維が多く、高脂血症、糖尿病、心臓病、メタボ、便秘予防に最適。

ビタミンCたっぷりのゴーヤにさらに、Cの宝庫の赤ピーマン、植物性たんぱく質の豆腐、たんぱく質やビタミンB1に富む豚肉、卵を加えた夏バテ防止、紫外線対策に良い一品。ゴーヤチャンプルの材料はこの他、生しいたけ、エリンギ、きくらげなどのきのこ類、長ねぎなど、具だくさんにすれば栄養バランスは満点です。家庭にある野菜で我が家のゴーヤチャンプルを作って下さい。
ゴーヤの苦味成分モモルデシンは胃の調子を整える健胃作用、食欲増進に効果が。

*炒め料理では塩を振って板ずりして、薄切りにして炒めましょう。
*酢の物、和え物などは塩を振り板ずりにして、薄く切って熱湯で茹でて調理を。



ゴーヤ麻婆 作り方
ゴーヤごま味噌炒め・ゴーヤ三色酢の物・ゴーヤの中華粥・ゴーヤのぬた


▲ページのトップへ