INDEX
  • HOME
  • 業務内容
  • アンチエイジング
  • オンラインショップ
  • 旬の食材で体の中からキレイへのリンク
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 特定商取引法に関する記載
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
飯塚律子 プロフィール 正しい食生活とおいしい食事を皆さまに…美・健康と自然食に関する日本の先駆者です飯塚律子 プロフィール

・健康管理学博士
・フードコンサルタント
・「飯塚律子ヘルスフーズ研究所」
 主宰

原稿執筆やテレビ出演、食品の開発、講演、リーフレット作成などを通じ、食と健康に関するアドバイスとプロデュースを行なっています

旬の食材で体の中からキレイ

口内炎を防ぐ 切り干し大根+赤ピーマン+鶏卵

知人の話ですが、歯科医を何十軒まわっても口内炎が治らず、苦しんでいたことがあります。あるとき、心療内科の診察を受けたら「強度のストレスが原因」と診断されたそうです。

口の粘膜が赤くただれて食事がしみたり、出血、水泡など口腔粘膜疾患で炎症を伴う場合を、口内炎と総称します。原因はむし歯、義歯、歯周病など口の中が原因の場合と、ストレス、がん、糖尿病などの症状の1つとして起こる場合があります。

口の中が原因でない場合は、ウイルス感染や体力の消耗や低下が原因の場合が多いです。慢性胃腸障害による栄養素の吸収力低下、ビタミン不足の食事、女性は月経や妊娠といった体の変化で起こりやすくなります。

ほかに、先にあげた知人のように心労やストレスが原因だったり、がんのような別の病気だったりで、歯茎や頬の内側の粘膜がただれ、痛みがあるため食事がとれないという悪循環から、口内炎の症状が出ることも多いです。

まず口の中を清潔に保ち、皮膚粘膜を強くするビタミンB2をはじめとするB群とカロテンを十分にとることです。胃腸障害があると吸収が悪く、腸内でB群の合成能力が低下して不足します。またストレスによっても、B1、B2、Cの消耗は増し、吸収力は低下します。したがって、原因が胃腸障害でもストレスの場合でも、これらのビタミンを1日の所要量の2、3倍とることが望ましいです。

疲労やストレスを除くには休息、睡眠が重要です。心身をリラックスさせ、適度な運動を加え全身の体力アップをはかりましょう。

おすすめの食材と効果

【切り干し大根】
ストレスに対処するカルシウム、粘膜を強化するビタミン、ミネラルに富む。
【赤ピーマン】
粘膜強化のカロテンやビタミンE、B2、ナイアシン、Cが豊富。
【鶏卵】
消化吸収のよいたんぱく源。ビタミンB2も多く、卵黄は血流促進のレシチンが豊富。

切り干し大根とピーマンのオムレツ

  1. 水でもどした切り干し大根は4cmの長さに切る。
  2. 赤ピーマンは太めの千切りに。
  3. 熱した油で①を炒め、しょうゆ、みりん、少量のだしを加え炒り煮する。
  4. 煮汁がなくなったら②を加え炒める。
  5. 溶き卵を流し入れ、小さい円形にまとめる。

※ピーマンは緑の物、黄色の物に置き替えてもいいですね。



▲ページのトップへ