INDEX
  • HOME
  • 業務内容
  • アンチエイジング
  • オンラインショップ
  • 旬の食材で体の中からキレイへのリンク
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 特定商取引法に関する記載
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
飯塚律子 プロフィール 正しい食生活とおいしい食事を皆さまに…美・健康と自然食に関する日本の先駆者です飯塚律子 プロフィール

・健康管理学博士
・フードコンサルタント
・「飯塚律子ヘルスフーズ研究所」
 主宰

原稿執筆やテレビ出演、食品の開発、講演、リーフレット作成などを通じ、食と健康に関するアドバイスとプロデュースを行なっています

緊急!! 災害時の健康管理シリーズ1 嚥下障害
ものが飲み込みにくいときは・・・摂食嚥下障害のある方々へのアドバイス

被災された方々の惨状は、どんなお慰みの言葉も虚しく、私たちが今できることは、できる限り節電すること、余分な商品を買わないこと、ささやかでも義援金をお送りすること・・・ぐらいです。
被災地では、心身の疲労・ストレスも極限に達していることと思われます。
特に、持病のあるかたやご高齢者のかたの不安な日々は、想像を絶します。一日も早い復興を心よりお祈りします。

今回は摂食嚥下障害のあるかたへの、体力を付けるのに良い、簡単でおいしい、飲み物やおかゆをご紹介します。

  • 摂食・嚥下障害とは・・・水分や食べ物を口に入れ、飲み込むことがスムーズにできないため、むせたり、吐き出したりし、飲み込むことが困難な障害をいいます。
  • 嚥下障害は誤飲によって肺炎などを招く恐れがあるので、お茶、水などの水分の摂り方にも注意が必要です。誤飲の予防にはとろみをつけて飲むことが有効です。
  • 摂食・嚥下障害になる人は・・・ご自分の歯がなく、噛むということがスムーズにできない高齢者に多く見られます。また、疾病があり、機能的原因がある人、神経症やストレスを抱えている人などにも起こりやすく、薬剤の副作用や義歯の噛み合せが合っていない人にも多く見られます。
  • 避難場所では、やむなく多くの人と共同生活をしなければなりません。水を飲んでもむせたりするので周りの人に気を使うあまり、水分を控えて脱水症状を起こしたり、栄養不良に陥ったりすることがあります。 片栗粉、くず粉、とろみ調整食品などを利用して下さい。

生姜入りハニーレモン・くず湯

【材料(2人分)】

  • レモン1/2個
  • はちみつ大さじ1強
  • くず粉小さじ1.5
  • 生姜1/2かけ
  • 水3/4カップ

【作り方】

  1. レモンはスクイザーで絞り、種を取り除く。
  2. 小鍋に水と「1」、はちみつを入れ弱火にかける。
  3. くず粉を大さじ2の水でよく溶いて「2」に流し入れ、箸で手早く混ぜ合わせ、透明感がでたら生姜の絞り汁を入れ全体を混ぜ合わせ火を止める。
生姜入りハニーレモン・くず湯
効能POINT

飲み込みが上手にできないお年寄りの、温かい飲み物としてお勧めです。
濃度があり、高温なので、嚥下障害用のスプーンで、ゆっくりお飲み下さい。
風邪気味のときにもよく、生姜の刺激成分が抹消の血行をよくし、保温効果もあります。

とろみ野菜ジュース

  • 市販の野菜100%ジュース、または人参ジュースなどを小鍋に入れ、弱火にかけ、片栗粉やくず粉の水溶きでとろみをつけていただく。
とろみ野菜ジュース
効能POINT

飲み込みが上手にできない、嚥下障害のかたに良い、とろみをつける「トロメイク」という商品が明治乳業から出ています。
お茶や牛乳、水を飲むときにも使うと誤飲が防げます。

豆腐とトマトのトロとろみ味噌スープ

【材料(2人分)】

  • 豆腐100g
  • トマト(中)1/2個
  • 味噌12g
  • 本格かつおだし小さじ1/2
  • くず粉小さじ2

【作り方】

  1. 豆腐はザルにあけ、水をよくきる。
  2. トマトは皮をむき、くし型に切って種を取り、包丁で叩くようにして細かく切る。
  3. 水1カップ強を火にかけ、煮立ったら本格かつおだしを加え、次に「1」をくずして加える。みそをだしで溶いて加える。再び煮立ったらくず粉の水溶きを流し入れ、数本の箸で手早く混ぜ、とろみが出たら「2」を加え、煮立つ寸前に火を止める。
豆腐とトマトのトロとろみ味噌スープ
効能POINT

濃度があり高温なのでゆっくり召し上がって下さい。
たんぱく質やリコピンが摂れる栄養価の高い味噌スープです。味噌味は高齢者のかたの好みにも合うと思います。

卵がゆ・くず仕立て

【材料(2人分)】

  • ご飯茶わん1
  • 卵1個
  • ほうれん草(葉の部分3枚)
  • 梅干し大1個
  • くず粉小さじ1.5
  • かつおだし1.5カップ
  • 塩少々

【作り方】

  1. ごはんはザルに入れ、流水をかけてさばく。
  2. ほうれん草は葉の部分を用意し、塩を落とした熱湯で柔らかく茹で、冷水をかけ、かたく絞り、包丁で細かくたたいて、とろっとさせる。
  3. 「1」を小鍋に入れ、だしを注ぎ中火にかける。煮立ったら弱火にして、ご飯がとろっと柔らかくなるまで、ふたを開けたまま煮る。
  4. 「3」に裏ごしした梅干しを入れ全体に混ぜ、くず粉を大さじ2の水で溶いて入れ、大きく混ぜ合わせる。最後に溶き卵を流し、2を加え全体をさっくり混ぜ合わせ、蓋をして火を止める。
卵がゆ・くず仕立て
効能POINT

おかゆなら柔らかいので食べやすいと考えがちですが、ごはんつぶがのどに引っかかる場合もあります。
くず粉でトロミを付けると、誤飲を防ぎ、更においしく召し上がれます。
卵も入り、良質なたんぱく質やビタミン強化もでき、梅干しのクエン酸が疲労回復やお腹の健康にも有効。ほうれん草のほか小松菜や春菊などでもよく、茹でて裏ごしすると、誤飲の予防にいっそう良いです。
味付けはみそや塩、しょうゆなど変化を付けてください。
食欲増進には、生姜の絞り汁やカレー粉など変化をつけると良いです。

明治乳業のとろみ調整食品

  • トロメイクSP
  • 食品に加えると、さっと溶けて2、3分で飲み込みやすいとろみがつきます。
    食品の色調を変えず、食品そのままの風味が楽しめます。

  • 写真で、お料理に添えてあるスプーンは、口に入れたとき感触が優しいシリコン製です。
トロメイクSP


▲ページのトップへ